雲のやすらぎとブレスエアーを比較した結果www

雲のやすらぎプレミアムとブレスエアーを比較してみた

雲のやすらぎプレミアムブレスエアーってどっちがいいの?」

 

比較して違いを教えてほしい!」

 

この記事を読まれているあなたは、こんなふうに思われているかもしれません。

 

 

「新しいマットレスを買おうかな」

 

「腰痛対策になるのはどっちのマットレスかな」

 

「どちらのマットレスの方が快眠できる?」

 

マットレスを新しく購入する際は、こんなふうに考えてしまいますよね。

 

 

そして、店舗で見かける東洋紡のブレスエアーとネットで話題の雲のやすらぎプレミアムのどちらがオススメなのか、「ぜんぜん分からない!」となっている方は多いと思います。

 

どちらも高反発マットレスで、マットレスに詳しくない方だと、どちらにすればいいのかよく分からないのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、寝具販売店員の私が雲のやすらぎプレミアムとブレスエアーの違い・どちらがオススメと言えるのかを解説したいと思います。

 

この記事を読めば、あなたの疑問は解決です!

 

【目次】

  1. 比較表を作ったで!
  2. マットレス選びのポイント
  3. 比較結果はどちらの勝利?

 

 

雲のやすらぎとブレスエアーはどちらが良いのか答えを早く知りたい方はクリック!
>>>おすすめのマットレスはこちら!

 

 

比較表を作ったで!

 

  雲のやすらぎプレミアム ブレスエアーPREMIUM
素材 ウレタンフォーム ブレスエアー
大きさ

シングルサイズ 縦195cm 横100cm
セミダブルサイズ 縦195cm 横120cm
ダブルサイズ 縦195cm 横140cm

シングルサイズ 縦195cm 横97cm
セミダブルサイズ 縦195cm 横119cm
ダブルサイズ 縦195cm 横137cm

厚み 17cm 10cm
通気性 良い かなり良い
反発力 スプリングマットによる高反発性 ブレスエアー素材による独特の弾力性
洗濯 不可 可能
収納性 三つ折り可能(ゴムバンド使用時) 三つ折り可能(三つ折り線がある)
耐久性 10年以上 3年
店舗販売 なし あり
生産国 日本 中国
価格

シングルサイズ 39800円 (税込み)
セミダブルサイズ 49800円 (税込み)
ダブルサイズ 59800円(税込み)

シングルサイズ 42120円 (税込み)
セミダブルサイズ 51840円 (税込み)
ダブルサイズ 61560円(税込み)

保証 100日間の返品保証あり

なし
(4320円多く払えば30日の返品保証期間をつけられる)

 

※雲のやすらぎプレミアムと、新発売されたブレスエアープレミアムとの比較表です。

 

 

マットレス選びのポイント

 

雲のやすらぎプレミアムとブレスエアーの違いについて、比較表を見ても「まだなんか分からないな」という方は多いと思います。

 

マットレスの値段はほとんど変わりませんからね。

 

 

そこで寝具店販売員の私が、快適な寝心地を実現するうえでの良いマットレスを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

 

それは、以下の4つになります。

 

  • 通気性の良さ
  • 体圧分散ができるか
  • マットレスの厚みがあるか
  • 耐久性はどのくらいなのか

 

それぞれ、ブレスエアーと雲のやすらぎに絡めて詳しく見ていきましょう。

 

通気性の良さ

 

通気性の良さは、快適に眠るうえではとても大切なことです。

 

特に夏場は、通気性がよくないと暑くて寝苦しくなってしまいます。

 

 

「じゃあブレスエアーと雲のやすらぎはどっちがいいの?」なんて思いますよね。

 

調べてみると、ブレスエアーの方が通気性は良さそうでした。

 

ブレスエアーという素材の画像

 

やはり、画像にあるブレスエアーという素材がとても空気を通しやすくできています。

 

ただ、雲のやすらぎがダメなのかというとそうではありません。

 

雲のやすらぎの構造

 

通気性の良いアルファマットと呼ばれる素材と凸凹加工によって、通気性の良さが確保されています。

 

 

口コミや評判を調べるとブレスエアーは通気性が良すぎて冬場は逆に寒いといったものを見かけます。

 

というわけで、単純に通気性の良さを考えればブレスエアーなのですが、夏も冬も快適に眠るなら雲のやすらぎプレミアムの方がオススメと言えるでしょう。

 

体圧分散ができるか

 

体圧分散とは、マットレスから受ける体への圧力がきちんと分散できるのかということを表しています。

 

体圧分散に優れているマットレスであれば、肩や腰などの体の一部分に負担がかかりすぎることを防ぐことができます

 

結果的に快適な寝心地を実現でき、腰痛の緩和、改善も期待できるようになっています。

 

この体圧分散がしっかりできるのかについては、特に腰痛持ちの方にとって大切です。

 

 

そして、まずはブレスエアーについて体圧分散がしっかりできるのかについて調べてみました。

 

すると、販売ページを見ても、特に体圧分散についての表記はありませんでした

 

弾力性があって寝返りは打ちやすいとは書いてありましたが、体圧分散のことについては触れてありません。

 

 

それに対して、雲のやすらぎプレミアムは新クロスクラウド製法というのが用いられていて、きちんと体圧分散ができるのかを考えてつくられていました。

 

雲のやすらぎは体圧分散が優れている

 

高反発スプリングによる弾力性と、点で支えるアルファマットの凸凹加工によって、きちんと体圧分散できるようになっています

 

 

だからこそ、雲のやすらぎプレミアムを使用してから

 

「腰痛が改善された!」

 

「腰の痛みが気にならなくなった!」

 

「のびのびと体を動かせる!」

 

といったような口コミが多いのでしょう。

 

 

体圧分散性を考えると、雲のやすらぎの完全勝利です。

 

「腰痛を軽減・改善したい!」と考える方には、迷わずブレスエアーよりも雲のやすらぎをオススメします。

 

>>送料無料!特別価格で雲のやすらぎを購入するならこちら!

 

 

マットレスの厚みがあるか

 

マットレスの厚みはしっかりしていないと、床との底つき感があったり、すぐにヘタってしまったりと、いいことはありません。

 

今回雲のやすらぎプレミアムとブレスエアーの厚みを比較してみると、以下のような結果になっていました。

 

  • ブレスエアー 10cm
  • 雲のやすらぎ 17cm

 

一般的なマットレスは5〜6cmの厚さであることを考えると、どちらも厚みはしっかりとしたマットレスです。

 

なので、マットレスの厚みに関してはブレスエアーでも雲のやすらぎでもどちらとも問題ありません。

 

 

ただ、雲のやすらぎの方が厚みがあるので、ふんわりとした寝心地を実現できるかとい視点で見れば、雲のやすらぎの方がおススメでしょう。

 

耐久性はどのくらいなのか

 

雲のやすらぎプレミアムもブレスエアープレミアムも価格はほとんど変わらないので、コストパフォーマンスを考えると、耐久性が大事になってきます。

 

もちろん耐久年数が長い方が、結果的には値段を安く済ませられるということですからね。

 

ブレスエアーは3年使用可能

 

ブレスエアーの公式サイトを見ていたら、上記のようなことが書かれてありました。

 

これは単純に考えて、ブレスエアーの寿命は多く見積もって3年ということを意味します。

 

耐久試験結果

 

対して雲のやすらぎプレミアムは8万回の圧縮試験に合格しています。

 

これは、10年以上使用できる(ヘタらない)ことを表しています。

 

雲のやすらぎの見掛け密度

 

マットレスの密度もしっかりしています。

 

 

そして、何よりも信頼できるのが、この試験結果などは第三者機関によるものであるということです。

 

ブレスエアーが3年で雲のやすらぎが10年以上持つと考えると、完全にコストパフォーマンスで雲のやすらぎの勝利でしょう。

 

比較した結果は雲のやすらぎの勝利!

 

雲のやすらぎは、ブレスエアーよりも以下の点でオススメと言えます。

 

  • ほどよい通気性の良さ
  • すぐれた体圧分散性
  • 大ボリュームの厚み
  • 耐久年数の長さ

 

価格はほとんどブレスエアーと変わらないのですが、マットレスの寿命を考えるとやはり雲のやすらぎです。

 

 

ただ、ひとつだけ雲のやすらぎプレミアムにはデメリットがあります。

 

それは、店舗販売されていないということです。

 

つまり、雲のやすらぎはネット通販のみでしか購入できないということです。

 

 

ブレスエアーは購入する前に店舗などで実際に触れてみることが可能ですが、雲のやすらぎはできません。

 

 

「じゃあ結局ブレスエアーの方がいいの?」なんて思ってしまいますが、それは一概には言えません。

 

なぜなら、雲のやすらぎプレミアムには安心の100日間返品保証制度が存在しているからです。

 

実際に100日間寝心地を試してみて、満足いかなければ返品できてしまうのです。

 

そして、全額が返金されます。

 

ブレスエアーには返品保証はついていません。

 

正確には、さらに4320円払うことでわずか30日間だけの返品保証をつけることは可能です。

 

 

しかし、それなら雲のやすらぎの方がいいでしょう。

 

無料で返品保証がつきますからね。

 

 

ブレスエアーと雲のやすらぎで迷われているなら、スペックと保証の面を考えて雲のやすらぎが良いでしょう。

 

ちなみに100日間返品保証が無料で付き、さらに送料無料で雲のやすらぎを手に入れられる場所はこちらの雲のやすらぎ公式サイトです。

 

楽天やアマゾン・ヤフーショッピングで購入すると保証はつかないので、購入するなら公式サイトを利用しましょう。

 

 

ちなみに雲のやすらぎの返品保証キャンペーンは2017年の10月31日までなので、購入するならおはやめにどうぞ!

よく読まれている人気のページ