マニフレックスと雲のやすらぎを比較してわかった3つの真実

雲のやすらぎプレミアムとマニフレックスを比較した結果

雲のやすらぎプレミアムとマニフレックスはどっちがおすすめ?」

 

「どちらも高反発マットレスで違いがよくわからない、比較した結果を知りたい」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

 

雲のやすらぎプレミアムもマニフレックスも高反発マットレスで、値段もそこまで違いがありません。

 

それならマットレスのスペック・性能でどちらにするかを選ぶことになりますよね。

 

雲のやすらぎとマニフレックスで迷われている方は

 

「どっちが快眠できるかな」

 

「腰痛にいいマットレスはどちら?」

 

なんて思われていると思います。

 

 

そこで今回は雲のやすらぎプレミアムとマニフレックスを比較した結果と、そこからわかった3つの真実をお伝えしたいと思います。

 

購入に迷われている方は必見の記事になります。

 

【目次】

  1. 比較して分かったマニフレックスの3つの真実
  2. 雲のやすらぎプレミアムのデメリットとメリット
  3. 腰痛対策なら雲のやすらぎ

 

マニフレックスと雲のやすらぎはどちらがおすすめなのか、答えを早く知りたい方はクリック!
>>おすすめのマットレスはこちら!

 

 

比較して分かったマニフレックスの3つの真実

 

雲のやすらぎとマニフレックスを比較してみると、スペックや性能についてマニフレックスの3つの真実が判明しました。

 

マニフレックスの購入を考えている方はよく確認しておくといいでしょう。

 

マットレスが硬い

 

エリオセル

 

マニフレックスは独自の素材であるエリオセルが使用されています。

 

これは弾力性に富んでいて、かなり硬めの素材になります。

 

 

マットレスの反発力を見てみると、170Nのものが販売されていました。

 

これは、背の高い男性などで体重がある方にとっては適切な反発力です。

 

しかし、女性や子ども、そこまで体重のない男性にとってはマットレスの反発力が高すぎて体に合わない可能性が高いです

 

だからこそ、口コミなどを調べると、もちろんマニフレックスについて良い評判もありましたが、「マットレスが硬い」「寝ていると背中に痛みを感じる」といったものがあるのです。

 

欧州製だから、日本人に合わない可能性がある

 

マニフレックスのマットレスの硬さを考えても、やはり欧州の大柄な人の体型に合わせてつくられているようです。

 

全世界で販売されているというマニフレックスは、たしかに欧州の人に合わせる必要があったのでしょう。

 

 

しかし、日本人の体型はやはり西洋人とは違います。

 

なので、「マニフレックスは体に合わない…」「思ったより硬い…」となってしまう方が多いようです。

 

腰痛対策としては微妙

 

「辛い腰痛が少しでも改善したらいいな」と思われてマニフレックスの購入を考えていた方もいるでしょう。

 

しかし、あまりにも硬すぎる高反発マットレスのマニフレックスは、腰痛対策としては向きません

 

 

たしかに自然な寝返りをサポートできる高反発マットレスは腰に負担をかけずにすむので、腰痛対策としてはいいでしょう。

 

硬すぎるマットレスによる効果

 

しかし、硬すぎるマットレスは体圧分散が上手くされず、腰に負担をかけ続け、不要な寝返りも増えてしまい体によくありません

 

というわけで、高反発マットレスの中でも硬めなマニフレックスは、腰痛には向かないでしょう。

 

雲のやすらぎプレミアムのデメリットとメリット

 

「マニフレックスよりは雲のやすらぎの方が良いってこと?」と思われているかもしれません。

 

私の個人的な意見ではそうですが、もちろん雲のやすらぎにもデメリットは存在しています

 

 

というわけで、以下でデメリットとメリットを紹介するので、購入の参考にしてみてください。

 

雲のやすらぎのデメリット

 

雲のやすらぎプレミアムのデメリットは以下のようになります。

 

  • 厚みが17cmあり、折りたたみにくい
  • マットレスの水洗いができない
  • 定期的なお手入れが必要

 

雲のやすらぎの厚さ

 

雲のやすらぎプレミアムは厚みが17cmで大ボリュームになっています。

 

なので、ベッドマットレスとしても、床や畳などフローリングに直接それ一枚で敷けるようになっています。

 

 

ただ、床や畳に敷いて使おうかと考えている方は、昼間は折りたたむのではないでしょう。

 

その時に、雲のやすらぎは17cmもの厚みがあるので、ゴムバンドを使わないと三つ折りができません

 

少しそれが手間になってしまいます。

 

 

ただ、厚みが17cmあることによってふわふわと快適な寝心地を実現できているという事実もあります。

 

 

また、水洗いはできないタイプのマットレスになっているので、シーツカバーや敷きパッドなどをかけて、多少の汚れがついても大丈夫のようにした方がいいです。

 

そして、雲のやすらぎは1週間に一度程度、風通しの良い場所で干さないと、マットレスに湿気がたまってしまい、カビが生えてしまいます。

 

 

ただ、週一で湿気を取り除けばカビは生えないので、安心して利用するといいでしょう

 

マットレスにはお手入れがつきものですからね。

 

雲のやすらぎのメリット

 

雲のやすらぎプレミアムのメリットは以下のようになります。

 

  • すぐれた体圧分散性
  • 5層構造による通気性の良さ
  • へたらない耐久性の良さ
  • 防ダニ・抗菌加工
  • リバーシブル設計によって、夏も冬も快適
  • 安心の日本製

 

雲のやすらぎの構造

 

まず、雲のやすらぎプレミアムは高反発スプリングと凸凹アルファマットによって、優れた体圧分散が可能です。

 

体圧分散とはマットレスから自分にかかる圧力を分散することを表しています。

 

体圧分散ができると肩や腰に負担をかけずに眠ることが可能です。

 

だからこそ、雲のやすらぎは腰痛対策として使えるマットレスなのです。

 

 

また、通気性も良くて防ダニ・抗菌加工もしてあるので蒸れずに清潔で衛生的に使用することが可能です。

 

雲のやすらぎの耐久試験結果

 

そして、8万回の耐久試験にも合格している耐久性の良さも持っています。

 

これは第三者機関による審査結果なので、比較的信用できます。

 

そして、安心の日本製で、欧州の人よりに作られたマニフレックスと違い、雲のやすらぎプレミアムは日本人の体型に合わせて作られています。

 

 


 

 

腰痛対策なら雲のやすらぎ

 

硬すぎるマットレスであるマニフレックスよりも、雲のやすらぎプレミアムの方が快眠できる可能性が高いです。

 

さらには、雲のやすらぎは腰痛対策としても使えるように作られたマットレスなので、腰の痛みで悩まれているなら、雲のやすらぎの方がいいでしょう。

 

雲のやすらぎを使用してから、

 

「ぐっすり眠れるようになった!」

 

「疲れがしっかりとれる!」

 

「腰痛で目を覚まさなくなった!」

 

「朝起きた時に腰の痛みが気にならない!」

 

「仕事もしやすくなった!」

 

といったような口コミは多く存在します。

 

自宅にある雲のやすらぎ

 

私も現在は雲のやすらぎプレミアムを使用しています。

 

詳しい使い心地などはこちらの雲のやすらぎを体験!使ってみた感想とその評価という記事をどうぞ。

 

 

私は雲のやすらぎを使用してから腰痛が軽減したので、普通に満足しています

 

本当に体に負担をかけずに、ぐっすり眠れるようにつくられているマットレスなのだと思います。

 

 

もしもあなたが「快眠したい!」「腰痛を改善させたい!」と考えているのなら雲のやすらぎプレミアムがいいでしょう。

 

今なら100日間の返品保証もついていて、安心して試せますしね(^^)

 

>>雲のやすらぎを特別価格の最安値で購入するならこちら!

よく読まれている人気のページ